Experiments Never Fail

Try and try again

昨日の ポスト を使ったのに、肝心の導入部分を説明するのを忘れていました。まあ Components から追加するだけなのですが。他のアドベントカレンダーとの掛け持ちで疲れたので、今日は軽く書いて済ませます。 Reactive Extensions を導入する

Titanium に MarketPlace があるように、Xamarin のマーケットプレイスとして Xamarin Components があります。 Xamarin Components

それ Xamarin じゃなくて C# じゃん!とかのツッコミはナシでw まあ Java よりも Objective-C よりも C# がイイから選んでいるわけで。 サンプルコードは Xamarin.Android ですが iOS でも同じです。 1. イベントのマルチキャストができる!

国土地理院が提供している API の一つに「標高タイル」というものがあります。 タイルというと、Googleマップや OpenStreetMap などの Web地図では通常、画像を指しますが、標高タイルAPIでは 「画素毎の高度(m)」 が取得できます。