Debugging with Visual Studio Code · GoogleCloudPlatform/cloud-functions-emulator Wiki

の内容を少しアレンジして。

試した環境

  • macOS
  • node - v6.11.5
  • VSCode - 1.24.1
  • Google Cloud Platform の任意のアカウント(ログインのみが必要で何もデプロイされません)

firebase-tools@google-cloud/functions-emulator をインストールします。

npm install -g firebase-tools
npm install -g @google-cloud/functions-emulator

サンプルプロジェクトの作成

mkdir fb01
cd fb01
firebase login

ブラウザでログインして cli のアクセスを許可すると、コンソール側もログイン完了になります。

firebase init functions
  • ? Select a default Firebase… -> create a new project
  • ? What language would you like… -> TypeScript
  • ? Do you want to use TSLint… -> Y
  • ? Do you want to install dependencies with npm now? -> Y

サンプルの helloWorld 関数の作成

code .

fb01 ディレクトリを VSCode で開きます(普通にフォルダを開くでもok)。

/functions/src/index.ts を開いて、 helloWorld のコメントアウトを外します。

import * as functions from 'firebase-functions';

// // Start writing Firebase Functions
// // https://firebase.google.com/docs/functions/typescript
//
export const helloWorld = functions.https.onRequest((request, response) => {
 response.send("Hello from Firebase!");
});

次に、 /.vscode/launch.json を作り、次のように記述します。
(VSCode のメニュー -> デバッグ -> 構成の追加 でもok)

{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "name": "Inspect Function",
            "type": "node",
            "protocol": "inspector",
            "request": "attach",
            "port": 9229
        }
    ]
}

VSCode で メニュー -> タスク -> ビルドタスクの実行 -> npm build - function を実行(ターミナルで npm run build でもok)。

/functions/lib ディレクトリに index.jsindex.js.map ができます。

Functions エミュレータへ関数をデプロイ

cd functions
functions start

で Functions Emulator を起動し、

functions deploy helloWorld --trigger-http

で、エミュレータに helloWorld 関数をデプロイします。
デプロイできれば次のような出力になります。

Copying file:///var/folders/lv/5j48kqb146xdtt0dn65h_2480000gn/T/tmp-69998WgYjI25qtJ59.zip...
Waiting for operation to finish...done.
Deploying function.......done.
Function helloWorld deployed.
┌────────────┬───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┐
│ Property   │ Value                                                                             │
├────────────┼───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Name       │ helloWorld                                                                        │
├────────────┼───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Trigger    │ HTTP                                                                              │
├────────────┼───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Resource   │ http://localhost:8010/fb01/us-central1/helloWorld                             │
├────────────┼───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Timeout    │ 60 seconds                                                                        │
├────────────┼───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Local path │ /Users/xxx/dev/playground/fb01/functions                             │
├────────────┼───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Archive    │ file:///var/folders/lv/xxxxx_2480000gn/T/tmp-69998WgYjI25qtJ59.zip │
└────────────┴───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘

デバッグの実行

ターミナル側で次のコマンドを実行します。

functions inspect helloWorld

Debugger for helloWorld listening on port 9229 のような出力が得られます。
ポート番号がもし 9229 以外なら、 /.vscode/launch.jsonport: を書き換えてください。

VScode で、メニュー -> デバッグ -> デバッグの開始 を実行します(サイドメニューの虫みたいなアイコンから実行してもok)。

次に /functions/src/index.ts を開いて 9行目 も行番号の左側あたりをクリックしてブレークポイントを追加します。

ターミナルに戻って、次のコマンドを実行します。

functions call helloWorld

すると、VSCode 側では、ブレークポイントを置いたところで処理が停止するのが確認できます。

前の手順 functions deploy で出力された Resource に記述された URL にアクセスしても、ブレークポイントで止まることが確認できます。

めでたしめでたし。

後片付け

functions delete helloWorld

で deploy した関数を削除。

functions kill

で start した Functions エミュレータをシャットダウンできます。

あとがき

  • Debugging with Visual Studio Code には、2つのデバッグ手法(”Standard Node.js Debugger” と “V8 Inspector Integration”)が紹介されていますが、前者はうまく機能させられませんでした。なのでこの記事は後者の内容です。
  • V8 Inspector Integration で紹介されている launch.json は古いらしく "type": "node2" で警告が出ます。それを修正したのが上記で示した "type": "node", "protocol": "inspector" を使ったものです。

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077