Experiments Never Fail

PowerShell の既定の配色がキツ過ぎたので変えてみた

SourceTree for Windows があまりにももっさりしているので、「git はもうコマンドでやろう!」と思い、Git for Windows を入れたら一緒に入ってた Git Shell というものを使うことにしました。

どうもこれは PowerShell らしく、まあ便利に使うことができていましたが、ところどころ配色がおかしくて、場合によっては全然読めない!

例えば git status の内容が、こんな風に、全然読めません :sweat:

image.png

Twitter でポツリと呟いておりましたら、詳しい方から教えていただけました(毎度のことながら皆さまありがとうございます)。

色設定の実態はレジストリに保存されていて、WindowsのGUIからアクセスする場合はpowershellウィンドウのタイトルバーを右クリックしてプロパティを表示して……ってやるんですけど、とにかく面倒です。

— Kentaro Inomata (@matarillo) 2017年12月9日

$host.UI.RawUI にフォアグラウンド、バックグラウンドの色が、$host.privatedata
にエラー等の特別な場合の色の設定があります。例えば、$host.UI.RawUI.BackgroundColor="Black" とすると背景が黒になります。

— Takekazu Omi (@takekazuomi) 2017年12月9日

教えていただいた情報から、最終的に、

というサイトにたどり着きました。[^1]

[^1]: これは SOLARIZED という、「いろいろなエディタで配色を統一しよう?」というサイトの Windows 向け Fork のようです。

ここにある solarized-dark.reg というファイルを実行してレジストリを書き換えたら、PowerShell の配色をイイ感じに(solarized)してくれるというもののようです。

実行してみたら、配色がこう↓なりました。

image.png

まあまあ見やすい配色になったので満足です。
次に Windows をクリーンインストールしたときにまた忘れずに導入するよう、ここに :pencil: っておきます。

published at tags: PowerShell