3年くらい前に

という記事を書きました。

これはGoogleマップにて、「竹島や北方領土などが政府方針と反する名称で表記されているケース」があることに対して、ならば「地理院地図」を使えばいいじゃん?という内容でした。

その後、Googleマップ側でも対応がなされ、「ローカライズ」という機能を使うことで、「その国の法律に準拠した地図」にすることができるようになりました(これについても前述の記事の「2013.10.17 追記」に書きました)。

このローカライズについて、もう一度書きます。

日本向けのWebサービスでGoogleマップを使う場合は、必ず「ローカライズ」の機能を使用してください

具体的には、 次の通りです。

Google Maps JavaScript API の埋め込みスクリプトタグで、

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&language=ja&region=JP">
</script>

のように region=JP を付けてください、これだけです。

対応どうでしょう?

さて著名なWebサービスではちゃんと設定してくれてますよね?
※Google Maps のスクショを貼るのは規約で禁止されているのでボカしてます(これでクリアできているとも思いませんが)。

期待される表記

いわゆる「政府方針の通りの表記」のみがされている状態

楽天トラベル

あぼーん

じゃらん

ぐえぇぇ

ぐるなび

ぎゃあぁぁあ

たべろぐ

お、おぅ

ぜ、全滅だと・・・・。

まとめ

お願いですからGoogleマップを使うときは「ローカライズ」をしてください。
私自身はそんなに気にしないのですが、へんなツイートみちゃったか。こういうことに税金使われたい?

JavaScript
GoogleMapsAPI

published

Ads

Read more!

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077