Experiments Never Fail

Xamarin.Android で Fused Location Provider(など)を使う

Xamarin.Android は [Java ライブラリから C# のラッパを生成する機能](http://docs.xamarin.com/guides/android/advanced_topics/java_integration_overview/binding_a_java_library_(.jar) がとっても強力(Binding というみたい)なので、Fused Location Provider や Geofencing など、Google I/O 2013 で発表された新機能が入った google-play-service.jar も使えるはずだ、と思い試してみました。

monodroid-samples をベースに #

Xamarin.Android のサンプル集 monodroid-samples に、既に Google Map v2 を使うサンプルがあり、これが Google Play Service を使っているので、これを参考にします。

これね → MapsAndLocationDemo_v2 、使い方は、

をどうぞ。

Binding の設定をいじる #

Android SDK の Google Play Service をアップデートしても、Xamarin 側ですぐに LocationClient などが使えるわけではないです。
プロジェクト GooglePlayServices で、ラップする package などを設定しているため。

その設定は Transform/Metadata.xml にあるので、これを以下のように設定します。

<metadata>
<remove-node path="/api/package[@name='com.google.android.gms.maps']/class[@name='GoogleMapOptionsCreator']" />
<remove-node path="/api/package[@name!='com.google.android.gms.maps'
and @name != 'com.google.android.gms.maps.model'
and @name != 'com.google.android.gms.common'
and @name != 'com.google.android.gms.location']"
/>

<remove-node path="/api/package[@name='com.google.android.gms.maps.model']/class[contains (@name, 'Creator')]" />
<remove-node path="/api/package[@name='com.google.android.gms.location']/class[contains (@name, 'Creator')]" />

<attr path="/api/package[@name='com.google.android.gms.maps']" name="managedName">Android.Gms.Maps</attr>
<attr path="/api/package[@name='com.google.android.gms.maps.model']" name="managedName">Android.Gms.Maps.Model</attr>
<attr path="/api/package[@name='com.google.android.gms.common']" name="managedName">Android.Gms.Common</attr>
<attr path="/api/package[@name='com.google.android.gms.location']" name="managedName">Android.Gms.Location</attr>

<attr path="/api/package[@name='com.google.android.gms.maps.model']/class[@name='MarkerOptions']/method[@name='position']" name="managedName">SetPosition</attr>
<attr path="/api/package[@name='com.google.android.gms.maps.model']/class[@name='MarkerOptions']/method[@name='snippet']" name="managedName">SetSnippet</attr>
<attr path="/api/package[@name='com.google.android.gms.maps.model']/class[@name='MarkerOptions']/method[@name='title']" name="managedName">SetTitle</attr>
</metadata>

com.google.android.gms.location を各所に追加しています。変更前は こちら

これだけで OK。(がここにたどり着くまでに半日くらいかかったorz)

使う #

これでリビルドすると、この GooglePlayServices を参照しているプロジェクトで、Android.Gms.Location.LocationClient などが使えるようになります。(Xamarin Studio を再起動しないとコード入力補完(Inteli先生 というのか?) に認識されないみたいですが。)

published at tags: Xamarin Android GoogleMapsAPI C#