Experiments Never Fail

Try and try again

イマドキのスマホアプリでは Pull to Refresh(引っ張って更新)を実装してるアプリをよく目にするのですが、RSS Reader の Feedly では Pull up to Close(上に引っぱって閉じる)も採用しています。

Xamarin.iOS でも UIGestureRecognizer が普通に使えるわけですが、Objective-C に比べてコードが短く書けて感動した話です。 本日の Obj-C の先生はこちら。

Visual Studio や Eclipse とか、IDE ならだいたい備えているコードテンプレート、呼び名はそれぞれ違いますが、for ってタイプすると for (object o : items) { } 的なコードのひな形を生成してくれる機能の事です。

Microsoft の modern.IE というサイトで、Webサイトの IE対応を支援するサービスをいくつか提供していますが、その中に、「IEx 入りの仮想マシンの提供」が行われています。 Virtual PC, Hyper-V, VirtualBox, VMware Fusion, Parallels などの主要な仮想環境用のイメージを配布しています。

Javascript 製のチャート描画ライブラリをいくつか調べたので備忘録として残しておく。 やりたいのは、ストリーミングで次々やってくるデータをリアルタイムに表示する事。しかも順方向だけじゃなくて過去方向にも戻りたい。

Android で「死ににくいサービス」を作るには [Service.startForegound](http://developer.android.com/reference/android/app/Service.html#startForeground(int, android.app.Notification) を呼び出す必要がありますが、動いてるサービスがちゃんと「Foregound になってるか?」は以下のようにして確認できます。(Notification 表示が強制されるから通知バー見ればいいじゃん、と言われればそうなんですけど、ちゃんとしたエビデンスっぽいのが欲しくて) 手順