Experiments Never Fail

Try and try again

au の解約を検討しています。きっかけはいくつかあります。 料金明細を見なおしていて漠然と「高い!」と思ったこと IP電話の方が、基本料も通話料も安いじゃんと気づいたこと データ通信料も、MVNO の方が安いじゃんと気づいたこと 奥さんと一緒なので「家族割」に加入しているが、そのメリットがあまりないこと 1年使ってきた HTC J の電池がヘタってきたのに電池パックが在庫切れで入手できないこと

Typescript クイックガイド で、ソースを見たら Markdown で書かれてたのをみて「カッケー」と思ったのと、利用規約やプライバシーポリシーは Github に置くといいよ というのを見て、なら「github に .markdown ファイルを置いてクライアントサイドでスタイリングできたら嬉しいじゃん?」と思いやってみた。 Javascript による markdown パーサいろいろ

イマドキのスマホアプリでは Pull to Refresh(引っ張って更新)を実装してるアプリをよく目にするのですが、RSS Reader の Feedly では Pull up to Close(上に引っぱって閉じる)も採用しています。

Xamarin.iOS でも UIGestureRecognizer が普通に使えるわけですが、Objective-C に比べてコードが短く書けて感動した話です。 本日の Obj-C の先生はこちら。