Experiments Never Fail

Try and try again

それ Xamarin じゃなくて C# じゃん!とかのツッコミはナシでw まあ Java よりも Objective-C よりも C# がイイから選んでいるわけで。 サンプルコードは Xamarin.Android ですが iOS でも同じです。 1. イベントのマルチキャストができる!

国土地理院が提供している API の一つに「標高タイル」というものがあります。 タイルというと、Googleマップや OpenStreetMap などの Web地図では通常、画像を指しますが、標高タイルAPIでは 「画素毎の高度(m)」 が取得できます。

Google APIs のエミュレータで Google Map Android API v2 が動くようになったのですが、やっぱり遅い、使えん。 という訳で、Intel の爆速エミュレータで GMapV2 を使う手順の備忘録です。(ご利用は自己責任で) 爆速エミュレータの導入

Android の TextView で、「テキストの一部を押すとなんかのアクションが起こる」というのが ClickableSpan というのを使えばできそうだったので、やってみました。 ```java ClikcableSpanTestActivity.java public class ClikcableSpanTestActivity extends Activity { @Override protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) { super.onCreate(savedInstanceState); setContentView(R.layout.activity_main); final List<Pair<String, String>> data = new ArrayList<Pair<String,String>>(); data.add(new Pair<String, String>("りんご", "隠し味としてカレーに入れます")); data.add(new Pair<String, String>("みかん", "あぶりだしに使います")); data.add(new Pair<String, String>("すいか", "種を食べると盲腸になります(嘘)")); final SpannableStringBuilder sb = new SpannableStringBuilder(); final String SEP...