2年目ありがとうございます。

JetBrains OpenSource License は、オープンソースソフトウェア開発者に、JetBrains の製品群のライセンスを提供してもらえるプログラムで、提供される製品は All Products Pack、つまり次に挙げる全ての製品がOSS開発のために利用できます。価格にすると年間649ドル(/1ユーザー)相当になります。

  • IntelliJ IDEA Ultimate
  • ReSharper
  • ReSharper C++
  • dotTrace
  • dotMemory
  • dotCover
  • AppCode
  • CLion
  • PhpStorm
  • PyCharm
  • RubyMine
  • WebStorm
  • DataGrip
  • Rider

JetBrains OpenSource License に申請できる条件は、

  • プロジェクトのリードまたはコアコミッターであること
  • プロジェクトの開発(生存)期間が3ヶ月以上であること
  • プロジェクトの開発がアクティブであること
  • 企業や団体などからスポンサードされていないこと
  • プロジェクトがコマーシャルソフトウェアでないこと

です(意訳)。

私は Xamarin.Forms.GoogleMaps というオープンソースライブラリを開発しており、昨年(2016年)申請して無事、ライセンスが提供されました。

最初に申請したときは、開発開始してから3ヶ月でした。偶然私の他にコミットしてくれてる人が数名居たので、「コミッターの数」を「3」として申請したら、3人分のライセンスをもらえました(そのライセンスはそれぞれコミッターの人に使ってもらっています)。

このライセンスは1年間有効なものなので、1年毎に更新が必要です。今回更新(Update)の申請をして、無事に受理されまた1年間のライセンスを受領しました。

ありがたいことに、この1年間でコミッターの数が15人ほどに増えてきたので、更新時に「コミッターの数」を「15」として申請したのですが、もらえたライセンスは変わらず「3」でした(汗)。まあコアコミッターと呼べる人は私以外にまだ居ないので妥当ではあります。

ということで、OSS開発をしている人は JetBrains 全製品が使用できるライセンスをもらえるチャンスがありますので、応募してみるとよいと思います。

opensource
jetbrains

published

Ads

Read more!

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077