別に Bot Application に限った話ではないのですけどね。

Microsoft の Bot Framework を使った Bot Application の作成方法は、いくつかWebで公開されていますが、それらに沿って作成したソースコードを GitHub などの誰でも閲覧できるリポジトリで管理・公開すると、本来公開すべきでない以下の情報が含まれてしまいます。

  • Bot Directory へ登録する際に発行される「Bot ID」, 「App ID」, 「App Password」
  • Azure へ発行する際の設定情報

これらをソースコード管理に含めないようにする方法を紹介します。

「Bot ID」, 「App ID」, 「App Password」 をソースコード管理に含めないようにする

たとえば、

では、BotのIDやパスワードなどを、Web.config<app key="BotId" などに設定するよう書かれています。
実際プロジェクト作成直後の Web.config を見ても “YourBotID” などと書かれており、「ここに書くのが当然」感を醸し出しています。これがよくない!

<!-- Web.config -->
<configuration>
    <appsettings>
    <!-- update these with your BotId, Microsoft App Id and your Microsoft App Password-->
    <add key="BotId" value="YourBotID" />
    <add key="MicrosoftAppId" value="" />
    <add key="MicrosoftAppPassword" value="" />
    </appsettings>
: (略)

Web.config 及び Web.Debug.config, Web.Release.config は、 ASP.NET の Webアプリケーションに関する設定を記述するもので、ソースコード管理に含めるべき情報です。
ここにIDやパスワードを記述してはいけません

ではどこに記述するかというと、

で紹介されている方法を使って、別のファイルに逃します。

具体的には、

  1. 新たに Web.local.config というファイル(ファイル名は何でもよい)をプロジェクトに追加し、秘匿情報を含む XML のブロックはそちらに記述する
  2. Web.config に上記ファイルへの参照を記述する

とします。

Web.local.config は、 Web.config などと同じディレクトリに追加し、ビルドアクションを「コンテンツ」とします。

Web.local.config の内容は以下です。

<!-- Web.local.config -->
<appSettings>
  <add key="BotId" value="<あならのBOTID>" />
  <add key="MicrosoftAppId" value="<あなたのMicrosoftAppId>" />
  <add key="MicrosoftAppPassword" value="<あなたのMicrosoftAppPassword>" />
</appSettings>

Web.config に記述していた <appSettings> 要素を切り出してきた感じですね。

そして、 Web.config を次のように修正します。

<!-- Web.config -->
<configuration>
  <appSettings file="Web.local.config">
    <!-- 秘匿でない設定情報があればここに書く -->
  </appSettings>
: (略)

<appSettings file="Web.local.config"> と記述することで、Web.local.config の内容をここに注入できます。

あとは Web.local.config.gitignore に追加するなどしてソースコード管理対象から除外します。
Web.local.config が存在しなくてもビルドや実行はできるようですが、初見の人には不親切なので、 README.md で補足説明をしておくのがよいでしょう。

開発用とプロダクト用で 「Bot ID」, 「App ID」, 「App Password」 を切り替える

前の手順で設定したID、パスワードなどは「開発用」の情報です。
Azureに配置した本番環境では、別のID、パスワードを使用したいケースは普通にあります。
本番環境の設定はAzureポータルから行えます。

この図のように、

  1. Azure ポータル(https://portal.azure.com/) で、配布した Bot Application(App Service) を開き、さらに「アプリケーション設定」を開きます
  2. 「アプリ設定」で、 本番用の「Bot ID」, 「App ID」, 「App Password」を追加します
  3. 最後に「保存」を押します

ここで設定した内容は、配布した Web.config にある <appSettings> の内容を上書きします。

Azure へ発行する際の設定情報をソースコード管理に含めないようにする

Visual Studio 2017 は、IDE から Azure への発行ができてとても便利なのですが、発行のための情報も保持してしまうので、その際の情報もソースコード管理に含めるべきではありません。

これらの情報はプロジェクトのディレクトリの Properties\PublishProfiles というサブディレクトリに、 *.pubxml, *.pubxml.user というファイル名で保存されるようなので、このディレクトリ毎、あるいは個別のファイルを .gitignore に追加すればよいです。

まとめ

  • Web.config には秘匿情報を書かない
  • Web.local.config を作って、そちらに書く、このファイルはソースコード管理しない
  • 本番用のIDやパスワードはAzureポータルで設定する
  • Azureへ発行する際の設定情報もソースコード管理しない

結果、 .gitignore に次の2行を追加するとよいです。

# .gitignore
<省略>

*.local.config
PublishProfiles/

手前味噌ですが、上記以外の .gitignore の設定は https://www.gitignore.io/ で “VisualStudio” と検索して生成されるものを使用すると便利です(上の2行が含まれているわけではありません)。

BotFramework
C#
.NET
ASP.NET
VisualStudio

published

Ads

Read more!

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077