Xamarin.Forms で NavigationPage を使うと、 iOS では ナビゲーションバー(UINavigationBar)、Android では Action Bar がそれぞれ使用されます。

プラットフォーム標準のナビゲーション機能が共通の定義で使えるのは便利ですが、アプリの要件によっては、カスタマイズした場面もあるでしょう。

戻るボタンを消す

戻るボタンを消したい場合、 Page の XAML に NavigationPage.HasBackButton="false" を追加します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms" 
			 xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml" 
			 x:Class="WorkingWithNavigation.Page2Xaml"
			 NavigationPage.HasBackButton="false"
			 Title="Page 2">

コードでは、 NavigationPage.SetHasBackButton(page2, false) と書けます。

これを実行すると、下のようになります。

Page2 に仕掛けているので、iOS では Page2 だけ、戻るボタンが表示されないのが確認できます。
Android はちょっとわかりにくいですが、ActionBar のアイコンの横に着いている < のアイコンが、 Page2 だけ表示されないのが確認できます。

戻るボタンのタイトルを変える

iOS の UINavigationBar では、戻るボタンには前画面のタイトルが表示されます。
Xamarin.Forms の NavigationPage も同じくです。
これを変更するには、 NavigationPage.BackButtonTitle="たいとる" を使います。

要注意なのは、これを仕掛けたPageの戻るボタンタイトルが変わるのではなく、 これを仕掛けたPageが戻り先となる場合に、戻るボタンタイトルが変わる ということです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms" 
			 xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml" 
			 x:Class="WorkingWithNavigation.Page2Xaml"
			 NavigationPage.BackButtonTitle="BACK"
			 Title="Page 2">

コードでは、 NavigationPage.SetBackButtonTitle(page2, "BACK") と書けます。

これを実行すると、下のようになります。

Page2 に BackButtonTitle="BACK" を仕掛けているので、Page2 ではなく、それが戻り先となる Page3 の戻るボタンが「BACK」になっています。

尚、Android では、戻るボタンは「<」のアイコンだけなので、この機能は無視されます。

参考

Xamarin
Android
iOS

published

Ads

Read more!

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077