Xamarin.iOS(旧MonoTouch)では、Xcode のプロファイラである Instruments がそのまま使えます。

デモプロジェクト

にある MemoryDemo.zip をダウンロード、解凍します。2つプロジェクトが含まれていますが、 before を使います。

手順

1. プロジェクトをとりあえず実行

Xamarin Studio で before/MemoryDemo.sln を開いて、とりあえずビルド、Simulator で実行します。

上下にスクロールすると、次々と画像を読み込むので Allocate がハンパないよ、ってデモのようです。

2. Xamarin Studio から Instruments を起動する。

メニュー - ツール - Launch Instruments で起動します。

起動はしましたが、勝手にアプリが実行されるわけではありません。ここから少しだけ面倒な手続きが必要です。

3. iOS Simulator にインストールしたアプリを指定して Instruments を実行する

Instruments を起動すると、下のような画面になっています。

左メニューから [iOS Simulator] - [Memory]、右から [Allocations] を選び [Choose] ボタンを押します。

次に、[Target] をクリックして、[Choose Target] - [Choose Target…] と進みます。

下のような画面になります。

次に Finder を起動して、iOS Simulator のディレクトリへ移動します。

iOS Simulator のディレクトリは通常、~/Library/Application Support/iPhone Simulator/ です。さらにアプリ毎に GUID で分けられているので目的のアプリを探してください。

アプリのディレクトリを開いたら、その中のアプリケーションファイル(ここでは MemoryDemo) を、先ほど開いておいた Instruments の中へドラッグ&ドロップします。

そして [Choose] を押すと、Target が MemoryTest になっているのが分かります。

これでようやく実行できます。赤い●を押します。

と、iOS Simulator で MemoryTest が実行され、Instruments でプロファイルしている事が確認できます。Simulator でグリグリスクロールすると、Allocations がガンガン増えてく様子が分かります。

3. 2度目以降は?

Instruments でもう一度赤い●を押すと停止します。アプリを更新する時は、Xamarin Studio 側でビルド-実行して iOS Simulator のアプリファイルを更新してから、Instruments で再度、赤い●を押します。

もし Instruments を終了してしまっても、最近使ったアプリは Choose Target に最近使ったアプリとして残るので、またドラッグ&ドロップすることはありません。

まとめと参考

Xamarin.iOS+iOS Simulator での Instruments の導入部分を説明しました。

下に紹介するサイトが公式の情報です。
ここには、実機にインストールしたアプリのプロファイル方法や、Instruments の使い方などが説明されているので合わせてどうぞ。

Instruments Walkthrough の No.14 の この画像 には、Instruments に Xamarin.iOS(C#) のソースコードが表示されているように見えるんだけど、これどうやるのかなあ。。手順通り動かしたつもりが出てこない。。。SourceMap の設定みたいなのが要るのかなあ。

Xamarin
iOS

published

Ads

Read more!

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077