GoogleMap はメルカトル図法なので、地図上の2点間を結んだ直線は最短距離になりません。(メルカトル図法で正しいのは角度だけ、でしたよね。)

地球上の2点間の最短距離は「大圏コース」と呼ばれます。

で、Android 版の新しい API を使うと、この大圏コースを簡単に表示することができます。

こんな感じ、赤がただの直線、青が大圏コースです。

やり方は以下のとおりで、geodesictrue にすれば大圏コースになります。

```java GeodesicPolyline.java
GoogleMap mMap;

final LatLng TOKYO = new LatLng(35.691, 139.693);
final LatLng HAWAII = new LatLng(19.87, -155.56);

// ただの直線
mMap.addPolyline(new PolylineOptions()
.add(TOKYO, HAWAII)
.width(5)
.color(Color.RED)
.geodesic(false));

// 大圏コース
mMap.addPolyline(new PolylineOptions()
.add(TOKYO, HAWAII)
.width(5)
.color(Color.BLUE)
.geodesic(true));
```

Developper Guide に説明があります。

A Geodesic line is a line that follows the curvature of the earth. In contrast, a non-geodesic line will be drawn using the coordinate system of your screen. By Default, Polyline and Polygon objects will draw non-geodesic lines. You can change any Polyline or Polygon to use geodesic lines by setting the geodesic property to true.

適当訳
Geodesic なラインとは地球上の曲がった線のことです。non-geodesic ってやつは画面座標系で描いた線で、これがデフォルトです。Polyline や Polygon を geodesic にしたければ geodesic プロパティを true にするとよろし。

ちなみにこの「2点間の最短距離」は [Location.distanceBetween](http://developer.android.com/reference/android/location/Location.html#distanceBetween(double, double, double, double, float[]) メソッドで求められます。

どうやら、Javascript 版にはもともとこの機能があったようで、以下のサイトに例があります。

あと、iOS 版の Google Maps API にもあるみた…あれ、ないや。
(余談ですが iOS 版の API には Polygon を描く機能もないんですね)

その他

つか、Android の GoogleMap さん、思いっきり縮小しても世界が画面内に収まらないので、大圏コースの例が見せにくいわ。

Android
GoogleMapsAPI

published

Ads

Read more!

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077