今まで Windows アプリケーションしか作ったことのない人(私のような)が、Android アプリケーションをつくりはじめて戸惑うところの一つに、Activity のライフサイクルがあります。今回これ関連で、 見事に static 変数でハマりましたので、メモしておきます。

Android Developper では、Activity のライフサイクルは以下の図で説明されています。

この図の説明は、日本Androidの会のページ などで解説されているので、ここでは割愛しますが、ポイントなのは、

アプリケーションを終了(onDestroy)しても、プロセスは死んでいない。
という事です。static 変数でハマったと書きましたが、static 変数はプロセス毎に保持されるものですが、Windows アプリケーションでは、アプリケーションを終了して再起動すれば、static 変数も初期化されます。

Android アプリケーションでも普通そうだろう、と思うのが人情です。

で、上のライフサイクルです。この図では、アプリケーションを終了してもプロセスが終了するとは書かれていません。他のアプリケーションによってメモリが必要になった時だけ、プロセスが殺される、とあります。これはつまり、Android アプリケーションでは、起動→終了→再起動しても、(ほとんどの場合)static 変数は初期化されない、という事になります。

ホントにそうでしょうか?サンプルを作ってためしてみました。

static 変数の生存を確認するサンプル

gist 789458

static 変数を用意し、LogCat に出力した後、1加算するだけです。上記のコードを実行すると、LogCat にカウンタ値が出力されます。↓こんな感じで。

01-21 18:16:54.937: DEBUG/MainActivity(2869): static member:0

さて、これを「戻る」で終了し、再び起動してみます。

01-21 18:17:43.443: DEBUG/MainActivity(2869): static member:1

カウンタが加算されている事が分かります。なんども終了→起動を繰り返すとどんどん加算されていきます。

01-21 18:17:43.443: DEBUG/MainActivity(2869): static member:2
01-21 18:17:45.112: DEBUG/MainActivity(2869): static member:3
01-21 18:17:48.876: DEBUG/MainActivity(2869): static member:4

このようにアプリケーションを終了しても static 変数は(プロセスは)生存していることが分かりました。

次に破棄された事を確認してみます。他のアプリでメモリが必要になった時~というのは再現させにくいので、タスク管理ソフトを使います。

自分は、SystemPanel Lite を使いました。このソフトで作成したアプリケーションを選択してタスクを終了させた後、再度アプリケーションを起動してみます。すると、

01-21 18:17:50.223: DEBUG/MainActivity(2869): static member:0

出力結果はこのようになり、タスクが終了させられたので、カウンタも 0 に戻った事が確認できます。

このように、Android アプリケーション開発では、static 変数は要注意です。

各Activity から共有できるからと多用すると、特に状態を格納するなどで使うと不具合の元になりそうです。

※だれか Activity じゃなくて ”アプリケーション” が終了するタイミングを補足する方法、教えてください

Android
Java

published

Ads

Read more!

amay077

Microsoft MVP(Xamarin). フルリモートワーカー. Geospatial Mobile app developer. Love C#.

amay077 amay077